検索画面
 細胞材料開発室サイト

戻る戻る
合計115細胞
細胞番号 細胞名 特性
AES0001 H-1 試験管内分化誘導実験にて、神経系細胞、心筋細胞、血液系細胞などへの分化が確認されている。
AES0002 GS-DG1 マウス精巣由来幹細胞。培養プロトコール培地情報(excel形式:20KB)
AES0003 B6G-2 C57BL/6マウス由来胚性幹細胞株。GFP発現細胞株。
AES0004 mGS-DBA1 マウス精巣由来多能性幹細胞。ES細胞に類似。
AES0005 BRC1 マウス胚性幹細胞。(B6xDBA2)x129由来
AES0006 BRC2 マウス胚性幹細胞。(B6xDBA2)x(B6xDBA2)由来
AES0007 BRC3 マウス胚性幹細胞。(B6xDBA2)x(B6xDBA2)由来
AES0008 BRC4 マウス胚性幹細胞。C57BL/6 由来
AES0009 BRC5 マウス胚性幹細胞。C57BL/6 由来。セントロメア近傍の小断片と思われる付加染色体を有しているが、キメラマウスの作出と生殖細胞への移行を確認している。
AES0010 BRC6 マウス胚性幹細胞(雌)。C57BL/6 由来。キメラマウスの作出と生殖細胞への移行を確認している。
AES0011 BRC7 マウス胚性幹細胞。C57BL/6 由来
AES0012 BRC8 核移植によって作出されたマウス胚性幹細胞。核は(B6xDBA2)マウスの細胞に由来
AES0013 BRC9 核移植によって作出されたマウス胚性幹細胞。核は(B6xDBA2)マウスの細胞に由来
AES0014 TT2 マウス胚性幹細胞(B6 X CBA)。In vitro 実験にのみ使用可能。
AES0015 BDmt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス(C57BL/6 x DBA2)に由来。
AES0016 BDmt-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス(C57BL/6 x DBA2)に由来。
AES0017 BDft-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス(C57BL/6 x DBA2)に由来。
AES0018 BDfc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス(C57BL/6 x DBA2)に由来。
AES0020 BCmt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス(C57BL/6 x C3H/He)に由来。
AES0021 BCmt-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス(C57BL/6 x C3H/He)に由来。
AES0022 BCft-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス(C57BL/6 x C3H/He)に由来。
AES0024 BCfc-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス(C57BL/6 x C3H/He)に由来。
AES0025 BD129mt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
AES0026 BD129mt-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雄マウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
AES0027 BD129fc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
AES0028 BD129fc-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1雌マウス((C57BL/6 x DBA2) x 129/Sv)に由来。
AES0029 C3Hmt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC3H/He系統雄マウス由来。
AES0030 C3Hft-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC3H/He系統雌マウス由来。
AES0031 C3Hft-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC3H/He系統雌マウス由来。
AES0032 C3Hfc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC3H/He系統雌マウス由来。
AES0033 B6mt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雄マウス由来。
AES0034 B6mt-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雄マウス由来。
AES0035 B6ft-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雌マウス由来。
AES0036 B6ft-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雌マウス由来。
AES0037 B6fc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雌マウス由来。
AES0038 B6fc-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はC57BL/6系統雌マウス由来。
AES0039 DBAmt-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はDBA/2系統雄マウス由来。
AES0040 DBAmt-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はDBA/2系統雄マウス由来。
AES0041 DBAfc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はDBA/2系統雌マウス由来。
AES0042 DBAfc-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はDBA/2系統雌マウス由来。
AES0043 129fc-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核は129/Sv系統雌マウス由来。
AES0044 129fc-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核は129/Sv系統雌マウス由来。
AES0045 FVB-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はFVB系統雄マウス由来。
AES0049 ICRft-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はICR系統雄マウス由来。
AES0050 OKM-4 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はICR系統雌雄両性マウス由来。
AES0051 BDmto-1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1(C57BL/6 x DBA2)雄老齢マウスに由来。
AES0052 BDmto-2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核はF1(C57BL/6 x DBA2)雄老齢マウスに由来。
AES0054 EBRTcH3 マウス胚性幹細胞株。テトラサイクリン誘導発現系を構築するのに便利な細胞株(文献参照)。
AES0118 NOD・ESA NODマウスに由来するマウス胚性幹(ES)細胞株。
AES0119 EBRTcH3(serum) 129/Olaマウスに由来するマウス胚性幹(ES)細胞株。AES0054 EBRTcH3(テトラサイクリン誘導発現系を構築するのに便利な細胞株)をFBS含有培地で培養した株。
AES0120 Fbx15^(βgeo/βgeo)ES マウス胚性幹細胞(RF8: 129 SV Jae1系統由来)亜株。Fbx15両遺伝子座において、Fbx15遺伝子がβgeo遺伝子と置換されている(Fbx15遺伝子の転写活性でβgeo遺伝子が発現)。
AES0121 Nanog^(βgeo/+)ES マウス胚性幹細胞(RF8: 129 SV Jae1系統由来)亜株。Nanog遺伝子の片方(一方の遺伝子座)がβgeo遺伝子と置換されている(Nanog遺伝子の転写活性でβgeo遺伝子が発現)。
AES0125 2TS22C マウスES細胞。129/Ola雄マウス由来。
AES0126 Nanog^(βgeo/Hyg) マウス胚性幹細胞(RF8: 129 SV Jae1系統由来)亜株。Nanog遺伝子の一方がβgeo遺伝子、もう一方がハイグロマイシン耐性遺伝子と置換されている(Nanog遺伝子の転写活性でβgeo遺伝子及びハイグロマイシン耐性遺伝子が発現)。
AES0127 TCNT1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核(T細胞)は、F1(C57BL/6 x 129)雄マウスに由来。
AES0128 HSNT1 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核(Hematopoietic stem cell)はF1(C57BL/6 x 129)雄マウスに由来。
AES0129 HSNT2 マウス核移植胚性幹(ES)細胞株。核(Hematopoietic stem cell)はF1(C57BL/6 x 129)雄マウスに由来。
AES0130 BXM3 マウス胚性幹細胞株。F1マウス(C57BL/6 x MSM)由来
AES0131 BXM7 マウスES細胞。F1マウス(C57BL/6 x MSM)由来。
AES0132 BXM14 マウスES細胞。F1マウス(C57BL/6 x MSM)由来。
AES0133 BXM15 マウスES細胞。F1マウス(C57BL/6 x MSM)由来。
AES0134 EGFP-MBD-nls EGFPとMBD (methylated DNA binding domain)を導入したマウスES細胞。メチル化されたDNAを可視化できる。129/Ola雄マウス由来。
AES0135 E14tg2a マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola系統由来。
AES0136 ZHBTc4 マウス胚性幹(ES)細胞株。ZHTc6由来株。ゼオシン及びブラストサイジンSを添加することによりStem Cell Selectionが可能。テトラサイクリン添加によりOct-3/4の発現が停止し、栄養外胚葉系細胞への分化誘導が可能。
AES0137 ZHTc6 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola由来。ゼオシンを添加することによりStem Cell Selectionが可能。テトラサイクリン存在下で未分化状態を維持。テトラサイクリン除去によりOct-3/4の発現が上昇し、原始内胚葉、中胚葉系細胞への分化誘導が可能。
AES0139 EB3 マウス胚性幹細胞(129/Ola系統由来)。Oct3/4遺伝子の片方(一方の遺伝子座)がires-blasticidin S耐性遺伝子と置換されている(Oct3/4遺伝子の転写活性でblasticidin S耐性遺伝子が発現)。
AES0140 B6J-S1^(UTR) マウス胚性幹(ES)細胞株。C57BL/6J由来。
AES0141 B6NJ-22^(UTR) マウス胚性幹(ES)細胞株。F1(C57BL/6NCrlCrlj x C57BL/6J)由来。
AES0143 B6J-23^(UTR) マウス胚性幹(ES)細胞株。C57BL/6J由来。
AES0144 B6N-22^(UTR) マウス胚性幹(ES)細胞株。C57BL/6NCrlCrlj 由来。
AES0145 Rx-GFP K/I EB5 マウスES細胞(EB5:129/Ola由来)亜株。Rxプロモーター下にGFPをノックインしてある。
AES0146 Dnmt1-/-Dnmt3a-/-Dnmt3b-/- ES (clone19) マウス胚性幹(ES)細胞株。Dnmt1, Dnmt3a, Dnmt3bのすべての遺伝子を欠損。129Sv/Jae由来。
AES0147 aBJ-2 マウス胚性幹細胞株。雄性核胚由来。 C57BL/6Crの雄性核とJF1の雄性核とのハイブリッド
AES0148 aBJ-3 マウス胚性幹細胞株。雄性核胚由来。 C57BL/6Crの雄性核とJF1の雄性核とのハイブリッド
AES0149 aBJ-4 マウス胚性幹細胞株。雄性核胚由来。 C57BL/6Crの雄性核とJF1の雄性核とのハイブリッド
AES0150 G4-2 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola系統由来。GFPを発現している。
AES0151 EB5 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola由来。
AES0152 OCRG9 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola由来。
AES0153 OLV2-1 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola系統由来。Oct3/4発現細胞をVenus陽 性細胞として確認できる。
AES0154 OLC2-1 マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola系統由来。Oct3/4発現細胞をECFP陽 性細胞として確認できる。
AES0161 Dnmt1-/- ES (clone 36) マウスES細胞株。Dnmt遺伝子を完全欠損している。
AES0164 Dnmt3a-/- ES (clone 6aa) マウスES細胞株。Dnmt3a遺伝子を完全欠損している。
AES0165 Dnmt3b-/- ES (clone 8bb) マウスES細胞株。Dnmt3b遺伝子を完全欠損している。
AES0166 CMES40 コモンマーモセット胚性幹細胞株(ES細胞)。オリジナル(AES0053 提供中止)の培養条件と異なり、basic FGFを添加し培養。ワシントン条約対象。
AES0172 B6-6 マウス胚性幹(ES)細胞株。C57BL/6NCrSlcc由来。キメラマウスの作出と生殖細胞への移行を確認している。
AES0173 Bf1-Venus K/I EB3 マウスES細胞株EB3の亜株。 Bf1(Foxg1)遺伝子部位にVenusがノックインされている。
AES0174 rdES2-1 ウサギ胚性幹(ES)細胞株。培養開始にあたっての注意
AES0175 rdES4 ウサギ胚性幹(ES)細胞株。培養開始にあたっての注意
AES0176 Etv2-Venus-KI マウス胚性幹細胞株。Etv2-Venus-KI (文献参照)
AES0177 Etv2-Venus-KO マウス胚性幹細胞株。Etv2-Venus-KO (文献参照)
AES0182 EGR-G101 マウス胚性幹細胞株。C57BL/6NCr由来。GFP発現細胞株。EGFP発現プラスミドについて
AES0184 EGR-101 マウス胚性幹細胞株。C57BL/6N由来
AES0186 BRC6(feeder-free) マウス胚性幹細胞株。C57BL/6NCrSlc由来。BRC6(AES0010)を栄養細胞なしで維持培養する細胞株。
AES0187 B6-6(feeder-free) マウス胚性幹細胞株。C57BL/6NCrSlc由来。 B6-6 (AES0172)を栄養細胞なしで維持培養する細胞株 (AES0172 B6-6)。
AES0190 NAT1(+/-)ES(A7) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のヘテロ欠損株。
AES0191 NAT1(+/-)ES(B4) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のヘテロ欠損株。
AES0192 NAT1(+/-)ES(C1) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のヘテロ欠損株。
AES0193 NAT1(-/-)ES(B2) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のホモ欠損株(完全欠損株)。
AES0194 NAT1(-/-)ES(B12) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のホモ欠損株(完全欠損株)。
AES0195 NAT1(-/-)ES(C3) マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のホモ欠損株(完全欠損株)。
AES0196 Mvh-Venus GS このGS細胞株は、生殖系列特異的レポーター発現を示すトランスジェニックマウス(Tg(Mvh-Venus) 1Rbrc)から樹立された(ヘミ接合体)。生殖細胞系列マーカー遺伝子であるMouse Vasa homolog (Mvh 或いは Ddx4)を含むBACクローン中のMvh遺伝子の第2エクソンに蛍光タンパク質をコードするVenus遺伝子が挿入されている。 培地情報(excel形式:20KB)
AES0197 Mili-KO GS マウス精巣由来幹細胞株。Mili遺伝子欠損株。 培地情報(excel形式:20KB)
AES0204 EpiSC 129Ba1
AES1232 26v-006 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1233 26v-009 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1240 26v-023 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1384 33v1-051 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1397 36v-38 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1421 37v-42 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1519 38v-29 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES1913 2TP-084 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES2228 TPM2-187 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES2486 TPM5-123 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES2641 TPM6-180 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
AES2764 TPM6-360 遺伝子トラップ法 UPATrap による変異型マウスES細胞 (V6.4)株。
トップへページトップへ


戻る 戻る 理研トップページへ