検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
AES0151 : EB5  update : 2018/07/06
CommentMouse embryonic stem cell line derived from 129/Ola. Feeder-free cell line.
特性(日) マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola由来。
寄託者特性(英)
寄託者特性(日)
使用条件f
使用条件(英)In publishing research results obtained by the use of the BIOLOGICAL RESOURCE, a citation of the literature ref. (Mol Cell biol 2002;22:1526-36, Genes Cell 2004;9:471-477) designated by the DEPOSITOR is required.
使用条件(日)利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献 (Mol Cell biol 2002;22:1526-36、Genes Cell 2004;9:471-477) を引用すること。
提供申込書類 依頼書C-0031.pdf   同意書(非営利)C-0003.pdf   同意書(営利)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
細胞基本情報 寄託者 Niwa, Hitoshi
樹立者 Niwa, Hitoshi
寄託日 2009
動物種 mouse < Mammals
動物系統名 129/Ola
性別 Male
embryo
採取組織 embryonic stem cells
細胞分類 ES
遺伝子改変の有無 recombinant
外来遺伝子 One of Oct3/4 locus is disrupted by Ires-BSD KO vectors.
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 GMEM + 10% FBS + 1mM Sodium Pyruvate + 0.1mM NEAA + 0.1mM 2-Mercaptoethanol + 1000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 0.5-1 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代または培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 free
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
マウス系統検査 OK
アイソザイム検査 LD, NP
染色体検査 40,XY(50)
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 0件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 3件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
Izumi Y, Wakita S, Kanbara C, Nakai T, Akaike A, Kume T.  Integrin α5β1 expression on dopaminergic neurons is involved in dopaminergic neurite outgrowth on striatal neurons.  Sci Rep  2017  7:42111  PubMed ID: 28176845
Nishimura K, Ohtaka M, Takada H, Kurisaki A, Tran NVK, Tran YTH, Hisatake K, Sano M, Nakanishi M.  Simple and effective generation of transgene-free induced pluripotent stem cells using an auto-erasable Sendai virus vector responding to microRNA-302.  Stem Cell Res  2017  23:13-19  PubMed ID: 28666145
Takata N, Sakakura E, Eiraku M, Kasukawa T, Sasai Y.  Self-patterning of rostral-caudal neuroectoderm requires dual role of Fgf signaling for localized Wnt antagonism.  Nat Commun  2017  8:1339  PubMed ID: 29109536

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ