検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
AES0145 : Rx-GFP K/I EB5  update : 2018/07/06
細胞特性(Comment:英)A subline of mouse embryonic stem cell line, EB5 (129/Ola), in which GFP gene is knocked-in under Rx promoter.
細胞特性(日)マウスES細胞(EB5:129/Ola由来)亜株。Rxプロモーター下にGFPをノックインしてある。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)1) The RECIPIENT should read the GFP Transfer License contracted between the RIKEN BRC and GE Healthcare Bio-Sciences. 2) This cell line is available for academic use, but not for commercial use. 3) In publishing research results obtained by the use of the BIOLOGICAL RESOURCE, a citation of the literature ref. (Proc Natl Acad Sci USA 2008;105:11796-11801) designated by the DEPOSITOR is required. 4) In publishing the research results to be obtained by use of the BIOLOGICAL RESOURCE, an acknowledgment to the DEPOSITOR is requested.
使用条件(日)1) GE Healthcare Bio-Sciences社とBRCとのGFP Transfer License 締結 を確認の上、手続きを取ること。 2) 学術利用は認めるが、商業利用は認めない。 3) 利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献 (Proc Natl Acad Sci USA 2008;105:11796-11801) を引用すること。 4) 利用者は、研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。
備考(英)
備考(日)
提供申込書類 依頼書C-0031.pdf   同意書(非営利)C-0003.pdf   同意書(営利)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
寄託関連情報 ライセンス GFP
細胞基本情報 寄託者 Sasai, Yoshiki
樹立者 Sasai, Yoshiki
寄託日 2008
動物種 mouse < Mammals
動物系統名 129/Ola
embryo
採取組織 embryonic stem cells
細胞分類 ES
遺伝子改変 recombinant
外来遺伝子 Rax-GFP
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 GMEM + 1% FBS + 10% KSR + 1mM Sodium Pyruvate + 0.1mM NEAA + 0.1mM 2-Mercaptoethanol + 2000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 0.4-1 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代・培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 free
凍結培地 Medium : 2 x FM1 = 1 : 1
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
マウス系統検査 OK
アイソザイム検査 LD, NP
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 3件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
3606  Wataya T, Ando S, Muguruma K, Ikeda H, Watanabe K, Eiraku M, Kawada M, Takahashi J, Hashimoto N, Sasai Y.  Minimization of exogenous signals in ES cell culture induces rostral hypothalamic differentiation.  Proc Natl Acad Sci U S A.  2008  105(33):11796-801  PubMed ID: 18697938

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
10298  Aldiri I, Xu B, Wang L, Chen X, Hiler D, Griffiths L, Valentine M, Shirinifard A, Thiagarajan S, Sablauer A, Barabas ME, Zhang J, Johnson D, Frase S, Zhou X, Easton J, Zhang J, Mardis ER, Wilson RK, Downing JR, Dyer MA, .  The Dynamic Epigenetic Landscape of the Retina During Development, Reprogramming, and Tumorigenesis.  Neuron  2017  94:550-568.e10  PubMed ID: 28472656
10596  Takata N, Sakakura E, Eiraku M, Kasukawa T, Sasai Y.  Self-patterning of rostral-caudal neuroectoderm requires dual role of Fgf signaling for localized Wnt antagonism.  Nat Commun  2017  8:1339  PubMed ID: 29109536
5347  Okuda S, Takata N, Hasegawa Y, Kawada M, Inoue Y, Adachi T, Sasai Y, Eiraku M1,.  Strain-triggered mechanical feedback in self-organizing optic-cup morphogenesis.  Sci Adv  2018  4(11):eaau1354  PubMed ID: 30474058

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ