検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
AES0150 : G4-2  update : 2018/07/06
CommentMouse embryonic stem (ES) cell line derived from 29/Ola. Expressing GFP.
特性(日) マウス胚性幹(ES)細胞株。129/Ola系統由来。GFPを発現している。
寄託者特性(英)
寄託者特性(日)
使用条件f
使用条件(英)1) The RECIPIENT should read the GFP Transfer License contracted between the RIKEN BRC and GE Healthcare Bio-Sciences.' 2) In publishing research results obtained by the use of the BIOLOGICAL RESOURCE, a citation of the literature ref. (Nat Genet 2000;24:372) designated by the DEPOSITOR is required.
使用条件(日)1) GE Healthcare Bio-Sciences社とBRCとのGFP Transfer License 締結 を確認の上、手続きを取ること。 2) 利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献 (Nat Genet 2000;24:372) を引用すること。
提供申込書類 依頼書C-0031.pdf   同意書(非営利)C-0003.pdf   同意書(営利)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
寄託関連情報 ライセンス GFP
細胞基本情報 寄託者 Niwa, Hitoshi
樹立者 Niwa, Hitoshi
寄託日 2009
動物種 mouse < Mammals
動物系統名 129/Ola
性別 Male
embryo
採取組織 embryonic stem cells : EB3
細胞分類 ES
遺伝子改変の有無 recombinant
外来遺伝子 CAG-EGFP-IP
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 GMEM + 10% FBS + 1mM Sodium Pyruvate + 0.1mM NEAA + 0.1mM 2-Mercaptoethanol + 1000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 0.5-1 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代または培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 free
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
マウス系統検査 OK
アイソザイム検査 LD, NP
染色体検査 40(50)
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 0件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 0件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ