検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
RCB4561 : MOLT-17  update : 2020/01/23
細胞特性(Comment:英)Human cell line derived from T cell leukemia (T-ALL). Since “Terms and conditions” etc. for this cell line can be changed, the users of this cell line must refer to DSMZ no.: ACC 36 prior to order.
細胞特性(日)ヒトTリンパ球性白血病由来細胞株。DSMZとの交換細胞株。使用条件等が DSMZによって随時変更となる可能性があります。ご購入前に、ACC 36 を必ずご参照ください。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)Basically, there is no restriction regarding academic use. However, since “Terms and conditions” etc. for this cell line can be changed, the users of this cell line must refer to ACC 36 prior to order.
使用条件(日)学術研究における利用につきましては原則として使用制限はありません。しかし、使用条件等がDSMZによって随時変更となる可能性があります。ご購入前に、ACC 36を必ずご参照ください。
備考(英)
備考(日)
提供申込書類 依頼書C-0001.pdf   同意書(非営利学術目的)C-0003.pdf   同意書(営利目的)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 DSMZ
寄託日 2014
元の細胞 ACC 36
動物種 human < Mammals
属名 Homo
種名 sapiens
性別 Female
5 years
採取組織 Peripheral blood lymphocytes
細胞分類 cancer
入手歴 Dr. J. Minowada, Fujisaki Cell Center, Okayama, Japan → DSMZ(ACC 36)
細胞寿命 infinite
細胞形態 lymphocyte-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Suspension cells
培地 RPMI1640 + 10% FBS (heat inactivated)
抗生物質 Free
継代方法 dilution
継代密度 1 : 8-16 split
継代・培地交換頻度 Subculture : 2 times/week
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
個体識別検査 OK
動物種PCR OK
ウィルス(HIV) Undetected
ウィルス(HTLV-1) (-)
文献情報 Reference(英) 2件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 0件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
5516  Drexler HG1, Minowada J.  Morphological, immunophenotypical and isoenzymatic profiles of human leukemia cells and derived T-cell lines.  Hematol Oncol  1989  7(2):115-25.  PubMed ID: 2784121
3544  Tighe L, Forster A, Clark DM, Boylston AW, Lavenir I, Rabbitts TH.  Unusual forms of T cell gamma mRNA in a human T cell leukemia cell line: implications for gamma gene expression.  Eur J Immunol  1987  17(12):1729-36  PubMed ID: 2961573

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ