検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
RCB2014 : GMB7  update : 2023/01/04
細胞特性(Comment:英)Hybridoma producing a monoclonal antibody against GD2 gangliosides (b-pathway gangliosides).
細胞特性(日)ハイブリドーマ。抗 GD2 gangliosides (b-pathway gangliosides)抗体産生。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)A prior written permission of the approver(Depositor) is necessary for any kind of use including academic use and for-profit use.
使用条件(日)営利目的か非営利目的かを問わず、いかなる使用につきましても、承諾者(寄託者)から承諾を得ることが必要です。
備考(英)
備考(日)
承諾者住所
×
Japanese
住所
156-8506 東京都世田谷区上北沢2-1-6
東京都医学総合研究所   ゲノム医科学研究分野 分子医療プロジェクト
川島 育夫 先生
Fax. 03-5316-3173

English
Address
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
Department of Molecular Medicine
2-1-6 Kamikitazawa, Setagaya-ku, Tokyo, 156-8506 Japan
Dr.KAWASHIMA Ikuo
Fax. +81-3-5316-3173
提供申込書類(英) Order Form(C-0005.pdf)   Approval Form(C-0006.pdf)   MTA(C-0007.pdf)   MTA(C-0007p.pdf)  
Regarding MTA between user institutions and RIKEN BRC, there are two kinds of MTA, not-for-profit academic purpose (C-XXXX) and for-profit research purpose (C-XXXXp) , depending on the sort of user institutions and the purposes of use. Please use an appropriate MTA(to see). In relation to commercial use and use for patent filing, first of all Please contact RIKEN BRC (cellbank.brc@riken.jp).
提供申込書類(日) 依頼書C-0001.pdf   承諾書C-0002.pdf   同意書(非営利学術目的)C-0003.pdf   同意書(営利目的)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関の種類や目的に応じて、非営利学術目的 (C-XXXX) と営利目的 (C-XXXXp) の2種類があります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は事前に必ず cellbank.brc@riken.jp までご連絡ください。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 Kawashima, Ikuo (Tai, Tadashi)
樹立者 Tai, Tadashi
寄託日 2005
動物種 mouse x mouse < Hybrid
採取組織 hybridoma
細胞分類 hybrid cells
細胞寿命 infinite
細胞形態 lymphocyte-like
Cellosaurus(Expasy) CVCL_U835
ハイブリドーマ関連 親細胞1の細胞名 PAI
親細胞1の動物名及び系統名 mouse, BALB/c
親細胞2の細胞名 spleen
親細胞2の動物名及び系統名 mouse, C3H/HeN
細胞融合・選択法 PEG, HAT selection
単クローン性抗体名 GMB7
サブクラス IgM
免疫に用いた材料 GD2 gangliosides
抗体で検出される抗原の名称 b-pathway gangliosides
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Suspension cells
培地 RPMI1640 + 10% FBS (heat inactivated)
抗生物質 Free
継代方法 dilution
継代密度 1 : 10 split
継代・培地交換頻度 Subculture : 2 times/week
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
産生抗体のサブクラス IgM
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 0件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
3509  Kawashima I, Yoshida Y, Taya C, Shitara H, Yonekawa H, Karasuyama H, Tada N, Furukawa K, Tai T.  Expansion of natural killer cells in mice transgenic for IgM antibody to ganglioside GD2: demonstration of prolonged survival after challenge with syngeneic tumor cells.  Int J Oncol  2003  23(2):381-8  PubMed ID: 12851687  

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ