検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
RCB1296 : HNT-34  update : 2024/07/09
細胞特性(Comment:英)A human cell line derived from acute myeloid leukemia (AML). AML was originated from CMMoL. Possessing Philadelphia chromosome and t(3;3)(q21;q26). Expressing EVI1 and BCR/ABL. Application consideration
細胞特性(日)ヒト急性骨髄性白血病(AML)由来細胞株。CMMoLから移行したAML。Ph染色体とt(3;3)(q21;q26)の染色体異常がある。EVI1、BCR/ABLを発現。培養開始にあたっての注意
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)A prior written permission of the approver(Depositor) is necessary for any kind of use including academic use and for-profit use.
使用条件(日)営利目的か非営利目的かを問わず、いかなる使用につきましても、承諾者(寄託者)から承諾を得ることが必要です。
備考(英)
備考(日)
承諾者住所
×
Japanese
住所
問い合わせ先
E-mail. cellbank.brc@riken.jp
理化学研究所   細胞材料開発室
提供 浜口 裕之 先生
Fax. 029-836-9130

English
Address
Contact Us
cellbank.brc@riken.jp
RIKEN, BioResource Research Center
Cell Engineering Division
Dr.HAMAGUCHI Hiroyuki (Cell Bank)
Fax. +81-29-836-9130
提供申込書類(英) Order Form(C-0005.pdf)   Approval Form(C-0006.pdf)   MTA(C-0007.pdf)   MTA(C-0007p.pdf)  
Regarding MTA between user institutions and RIKEN BRC, there are two kinds of MTA, not-for-profit academic purpose (C-XXXX) and for-profit research purpose (C-XXXXp) , depending on the sort of user institutions and the purposes of use. Please use an appropriate MTA(to see). In relation to commercial use and use for patent filing, first of all Please contact RIKEN BRC (cellbank.brc@riken.jp).
提供申込書類(日) 依頼書C-0001.pdf   承諾書C-0002.pdf   同意書(非営利学術目的)C-0003.pdf   同意書(営利目的)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関の種類や目的に応じて、非営利学術目的 (C-XXXX) と営利目的 (C-XXXXp) の2種類があります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は事前に必ず cellbank.brc@riken.jp までご連絡ください。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 Hamaguchi, Hiroyuki
樹立者 Hamaguchi, Hiroyuki
寄託日 1997
動物種 _human < Mammals
属名 Homo
種名 sapiens
性別 Female
45 years
採取組織 blood
病名 acute myelocytic leukemia
細胞分類 cancer
初代培養日 1994
細胞寿命 infinite
細胞形態 other
Cellosaurus(Expasy) CVCL_2071
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Suspension cells
培養方法 浮遊細胞の培養に関する一般的な注意(Japanese)
培地 RPMI1640 + 10% FBS (heat inactivated)
抗生物質 Free
継代方法 dilution
継代密度 1 : 4-10 split
継代・培地交換頻度 Subculture : once/week, Medium Renewal : 2 times/week
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
ウィルス(HIV) LT 400
ウィルス(HTLV-1) (-)
アイソザイム検査 LD, NP
染色体検査 45-47(50) : 45(3),46(46),47(1)
個体識別検査 OK
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 2件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
2171  Hamaguchi H, Suzukawa K, Nagata K, Yamamoto K, Yagasaki F, Morishita K  Establishment of a novel human myeloid leukaemia cell line (HNT-34) with t(3;3)(q21;q26), t(9;22)(q34;q11) and the expression of EVI1 gene, P210 and P190 BCR/ABL chimaeric transcripts from a patient with AML after MDS with 3q21q26 syndrome.  Br J Haematol  1997  98:399-407  PubMed ID: 9266939   DOI: 10.1046/j.1365-2141.1997.2143029.x

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
9218  Norio Yamakawa, Kazuko Kaneda, Yusuke Saito, Emi Ichihara, Kazuhiro Morishita  The Increased Expression of Integrin α6 (ITGA6) Enhances Drug Resistance in EVI1(high) Leukemia  PLoS One  2012  7(1):e30706  PubMed ID: 22295105   DOI: 10.1371/journal.pone.0030706
7886  Saito Y, Nakahata S, Yamakawa N, Kaneda K, Ichihara E, Suekane A, Morishita K.  CD52 as a molecular target for immunotherapy to treat acute myeloid leukemia with high EVI1 expression.  Leukemia  2011  25:921-31  PubMed ID: 21394097   DOI: 10.1038/leu.2011.36

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ