検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
RCB0512 : RCN-H-4  update : 2022/03/16
細胞特性(Comment:英)Metastasis to liver
細胞特性(日)転移モデルに利用されるラット大腸癌。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)There is no restriction regarding use for basic researches. In relation to commercial use and use for patent filing, first of all please contact the RIKEN BRC.
使用条件(日)基礎的研究につきましては、使用制限はありません。商業利用や特許取得を目的とする場合は、事前に必ず理研細胞バンクに連絡をすること。
備考(英)
備考(日)
提供申込書類(英) Order Form(C-0005.pdf)   MTA(C-0007.pdf)   MTA(C-0007p.pdf)  
Regarding MTA between user institutions and RIKEN BRC, there are two kinds of MTA, not-for-profit academic purpose (C-XXXX) and for-profit research purpose (C-XXXXp) , depending on the sort of user institutions and the purposes of use. Please use an appropriate MTA(to see). In relation to commercial use and use for patent filing, first of all Please contact RIKEN BRC (cellbank.brc@riken.jp).
提供申込書類(日) 依頼書C-0001.pdf   同意書(非営利学術目的)C-0003.pdf   同意書(営利目的)C-0003p.pdf  
提供同意書は、使用機関の種類や目的に応じて、非営利学術目的 (C-XXXX) と営利目的 (C-XXXXp) の2種類があります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は事前に必ず cellbank.brc@riken.jp までご連絡ください。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 Inoue, Yuichiro
樹立者 Inoue, Yuichiro
寄託日 1990
元の細胞 RCN-9
動物種 rat < Mammals
動物系統名 F344
性別 Male
採取組織 colon
細胞分類 cancer
初代培養日 1988
細胞寿命 infinite
細胞形態 epithelial-like
Cellosaurus(Expasy) CVCL_5575
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 RPMI1640 + 10% FBS
抗生物質 Free
継代方法 0.25% Trypsin
継代密度 1 : 8 split
継代・培地交換頻度 Subculture : 2 times/week
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
動物種PCR OK
アイソザイム検査 LD, NP
染色体検査 76-89(50) : /84(10),85(8),86(4),87(10),88(9),89(7)
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 3件
利用者成果(日) 2件

トップへページトップへ
Reference(英)
1369  Kashima, Yuji  The Establishment of a Rat Colon Cancer Cell Line, ACL-15, with an Analysis of Its Metastatic Properties  Acta Medica et Biologica  1991  39:75-81   

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
5369  Yamaki M, Shinozaki K, Sakaguchi T, Meseck M, Ebert O, Ohdan H, Woo SL.  The potential of recombinant vesicular stomatitis virus-mediated virotherapy against metastatic colon cancer.  Int J Mol Med  2013  31(2):299-306  PubMed ID: 23232984   DOI: 10.3892/ijmm.2012.1205
4729  Tamagawa K, Horiuchi T, Wada T, Bannai K, Ando T.  Polysaccharide-K (PSK) may suppress surgical stress-induced metastasis in rat colon cancer.  Langenbecks Arch Surg  2012  397(3):475-80  PubMed ID: 22207390   DOI: 10.1007/s00423-011-0896-2
8263  Ohsawa I, Murakami T, Guo L, Enosawa S, Ishibashi N, Isaji S, Uemoto S, Kobayashi E.  Chemopreventive anti-cancer agent acyclic retinoid suppresses allogeneic immune responses in rats.  Int. Immunopharmacol.  2010  10:985-9  PubMed ID: 20460176   DOI: 10.1016/j.intimp.2010.04.017

トップへページトップへ
利用者成果(日)
2184  陣内浩喜、李潤相、奥野清隆、重岡宏典、平井紀彦、本田哲史、安富正幸  Interleukin (IL)-12とIL-2の in vivo での作用の比較 -肝リンパ球に与える影響-  Biotherapy  1997  11:423-425   
2183  神内浩喜、金田研司、李 潤相、奥野清隆、安富正幸  Interleukin 12 (IL-12) 腹腔内投与によるラット肝リンパ球の変化 -IL-2との比較-  肝類洞壁細胞研究の進歩  1996  9:126-129   



戻る 戻る 理研トップページへ