検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
AES0192 : NAT1(+/-)ES(C1)  update : 2021/05/20
細胞特性(Comment:英)Mouse embryonic stem (ES) cell. NAT1 gene is deficient heterogeneously.
細胞特性(日)マウス胚性幹細胞株。NAT1遺伝子のヘテロ欠損株。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)1) The RECIPIENT belongs to a not-for-profit academic organization (i.e., a university or another institution of higher education or any nonprofit scientific or educational organization, including government agencies). 2) Attach TERMS and CONDITIONS to MTA (C-0034) .
使用条件(日)1) 利用者は学術機関に所属している者に限る。2) 別紙1を提供同意書 (C-0028) に添付すること。
備考(英)
備考(日)
提供申込書類(英) Order Form(C-0032.pdf)   MTA(C-0034.pdf)  
Regarding MTA between user institutions and RIKEN BRC, there are two kinds of MTA, not-for-profit academic purpose (C-XXXX) and for-profit research purpose (C-XXXXp) , depending on the sort of user institutions and the purposes of use. Please use an appropriate MTA(to see). In relation to commercial use and use for patent filing, first of all Please contact RIKEN BRC (cellbank.brc@riken.jp).
提供申込書類(日) 依頼書C-0031.pdf   同意書C-0028.pdf  
提供同意書は、使用機関の種類や目的に応じて、非営利学術目的 (C-XXXX) と営利目的 (C-XXXXp) の2種類があります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は事前に必ず(cellbank.brc@riken.jp)までご連絡ください。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/
樹立者 Yamanaka, Shinya
寄託日 2013
動物種 _mouse < Mammals
動物系統名 129 SV Jae
性別 Unknown
embryo
採取組織 embryonic stem cells
細胞分類 ES
遺伝子改変 recombinant
外来遺伝子 pRTV-NAT1, Neomycin gene
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
Cellosaurus(Expasy) CVCL_0J09
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 DMEM (high glucose, without Sodium Pyruvate) + 15% FBS + 0.1mM NEAA + 0.11mM 2-Mercaptoethanol + 1000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 1-1.5 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代・培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 free
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
動物種PCR OK
マウス系統検査 OK
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 0件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
3671  Yamanaka S, Zhang XY, Maeda M, Miura K, Wang S, Farese RV Jr, Iwao H, Innerarity TL.  Essential role of NAT1/p97/DAP5 in embryonic differentiation and the retinoic acid pathway.  EMBO J  2000  19(20):5533-41  PubMed ID: 11032820

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ