検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
細胞番号 : 細胞名
AES0182 : EGR-G101  update : 2018/07/31
細胞特性(Comment:英)Mouse embryonic stem (ES) cell line derived from C57BL/6NCr. Expressing EGFP.
細胞特性(日)マウス胚性幹細胞株。C57BL/6NCr由来。GFP発現細胞株。EGFP発現プラスミドについて
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(英)1) The RECIPIENT should read the GFP Transfer License contracted between the RIKEN BRC and GE Healthcare Bio-Sciences.. 2) In publishing research results obtained by the use of the BIOLOGICAL RESOURCE, a citation of the literature ref. (Transgenic Res. 2013;22:195-200) designated by the approver is required. 3) The RECIPIENT of BIOLOGICAL RESOURCE shall obtain a prior written consent on use of from the DEPOSITOR. 4) The RECIPIENT must contact the DRPOSUTOR in the case of application for any patent or commercial use based in the results from the use of the BIOLOGICAL RESOURCE. 5) RECIPIENT whish ants to use the BIOLOGICAL RESOURCE for the purpose other than education or non-for-profit research is requested to enter into a MTA with Osaka University.
使用条件(日)1) GE Healthcare Bio-Sciences社とBRCとのGFP Transfer License 締結 を確認の上、手続きを取ること。 2) 利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献 (Transgenic Res. 2013;22:195-200) を引用すること。 3) 利用者は、事前に承諾者に承諾を得ること。 4) 利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。 5) 非営利機関が非営利目的の教育・研究用に用いる場合以外は、大阪大学と別途MTAを締結すること。
備考(英)
備考(日)
承諾者住所
×
Japanese
住所
565-0871 大阪府吹田市山田丘3-1
大阪大学   微生物病研究所 感染動物実験施設
伊川 正人 先生
Fax. 06-6879-8376

English
Address
Osaka university
Genome Information Research Center
3-1 Yamadaoka, Suita-shi, Osaka 565-0871 Japan
Dr.Ikawa, Masahito
Fax. +81-6-6879-8376
提供申込書類 依頼書C-0031.pdf   同意書(非営利学術目的)C-0003.pdf   同意書(営利目的)C-0003p.pdf   承諾書C-0002.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
細胞基本情報 寄託者 Okabe, Masaru
樹立者 Fujihara, Yoshitaka
寄託日 2012
動物種 mouse < Mammals
動物系統名 C57BL/6NCr
性別 Male
embryo
採取組織 embryonic stem cells
細胞分類 ES
遺伝子改変 recombinant
外来遺伝子 pCX-EGFP, pCAG/Acr3-EGFP
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 DMEM (knockout, 2mM L-Glutamine) + 20% FBS + 0.1mM NEAA + 0.1mM 2-Mercaptoethanol + 1000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 1.2-1.5 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代・培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 MEF
フィーダー細胞の処理方法 X-rays 5000R (or MMC)
フィーダー細胞の播種数 3-5 x 10^(5) cells/60 mm dish
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
動物種PCR OK
マウス系統検査 OK
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 2件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
3609  Fujihara Y, Kaseda K, Inoue N, Ikawa M, Okabe M.  Production of mouse pups from germline transmission-failed knockout chimeras.  Transgenic Res  2013  22(1):195-200  PubMed ID: 22826106

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
11309  Noda T, Fujihara Y, Matsumura T, Oura S, Kobayashi S, Ikawa M.  Seminal vesicle secretory protein 7, PATE4, is not required for sperm function but for copulatory plug formation to ensure fecundity.  Biol. Reprod.  2018    PubMed ID: 30452524
7065  Kato K, Satouh Y, Nishimasu H, Kurabayashi A, Morita J, Fujihara Y, Oji A, Ishitani R, Ikawa M, Nureki O.  Structural and functional insights into IZUMO1 recognition by JUNO in mammalian fertilization.  Nat Commun  2016  7:12198  PubMed ID: 27416963

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ