検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
RCB4695 : GFP-LC3-RFP-LC3ΔG HeLa  update : 2019/12/11
細胞特性(Comment:英)
細胞特性(日)
細胞特性(寄託者記述:英)This cell line stablly expresses EGFP-LC3-mRFP-LC3Δ, an autophagic flux probe. Cellular autophagic flux can be evaluated by calculating the ratio of GFP against RFP fluorescent intensity.
細胞特性(寄託者記述:日)オートファジーフラックスを評価する蛍光プローブEGFP-LC3-mRFP-LC3ΔGを安定発現する細胞である。この細胞において、RFPに対するGFPの蛍光強度比をとることで、オートファジーフラックスを評価することが可能である。
使用条件(英)1) The RECIPIENT should read the GFP Transfer License contracted between the RIKEN BRC and GE Healthcare Bio-Sciences.' 2) BIOLOGICAL RESOURCE is limited to for academic researches in non-profit organization. 3) The RECIPIENT of BIOLOGICAL RESOURCE shall obtain a prior written consent on use of it from the DEPOSITOR . 4) Any use of the BIOLOGICAL RESOURCE for profit purposes by a non-profit organization or any use of the BIOLOGICAL RESOURCE by a profit organization requires a separate license from the DEPOSITOR prior to distribution. 5) In publishing research results obtained by the use of the BIOLOGICAL RESOURCE, a citation of the original publication: Mol.Cell 2016 http://  dx.doi.org/10.1016/j.molcel.2016.09.037) designated by the DEPOSITOR is required. 6) In publishing the research results to be obtained by use of the BIOLOGICAL RESOURCE, an acknowledgment to the DEPOSITOR is requested. 7) The RECIPIENT must contact the DEPOSITOR in case of application for any patents or commercial use with the results from the use of BIOLOGICAL RESOURCE.
使用条件(日)1) GE Healthcare Bio-Sciences社とBRCとのGFP Transfer License 締結 を確認の上、手続きを取ること。2) 非営利団体による学術研究に限る。3) 利用者は事前に寄託者の提供承諾書を得る。4) 当該リソースの非営利団体の営利目的での利用および営利団体の利用については、事前に 寄託者との間で、別途使用許諾に係る契約の締結が必要である。5) 研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。(Mol.Cell 2016 http://dx.doi.org/10.1016/j.molcel.2016.09.037) 6) 研究成果の公表にあたって謝辞の表明を必要とする。7) 利用者が本件リソースを使用して得られた研究成果に基づき特許等の申請、及び事業活動を行う場合は、寄託者と別途協議を行う。
備考(英)
備考(日)
承諾者住所
×
Japanese
住所
113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学   大学院医学系研究科 分子生物学分野 水島研究室
水島 昇 先生
Fax. 03-3815-1490

English
Address
The University of Tokyo, Graduate School of Medicine
Department of Biochemistry and Molecular Biology,Mizushima Lab.
7-3-1, Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-0033 Japan
Dr.Mizushima, Noboru
Fax. +81-3-3815-1490
提供申込書類 依頼書C-0001.pdf   同意書(非営利)C-0003.pdf   同意書(営利)C-0003p.pdf   承諾書C-0002.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
寄託関連情報 ライセンス GFP
細胞基本情報 寄託者 Mizushima, Noboru
樹立者 Mizushima, Noboru
寄託日 2016
動物種 human < Mammals
動物系統名 Homo
属名 sapiens
性別 Female
採取組織 cervix
病歴 cervical carcinoma
細胞分類 cancer
遺伝子改変 recombinant
外来遺伝子 EGFP-LC3-mRFP1-LC3ΔG (RDB14600)
外来遺伝子(ベクター) pMRX-IP
細胞寿命 infinite
細胞形態 epithelial-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells Adherent cells
培地 DMEM (D6546, Sigma-Aldrich) + 10% fetal bovine serum (FBS) (172012, Sigma-Aldrich) + L-glutamine DMEM (high glucose) + 10%FBS
抗生物質 Free
継代方法 0.05% Trypsin/EDTA 0.25% trypsin / 0.02% EDTA
播種細胞数 2x10^5 cells / 6 cm dish
継代密度 1 : 8 split
継代・培地交換頻度 Subculture : 3-6 times/week Subculture : 2 times/week
培養最適温度 37 ℃ 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 % 5 %
凍結培地 Medium + 10% DMSO Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ Not Tested (-)
個体識別検査 OK
動物種PCR OK
文献情報 Reference(英) 2件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 0件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
150  Gey,G.O., Coffman,W.D. and Kubicek,M.T.  Tissue culture studies of the proliferative capacity of cervical carcinoma and normal epithelium.  Cancer Res  1952  12:264-265 
4003  Kaizuka T, Morishita H, Hama Y, Tsukamoto S, Matsui T, Toyota Y, Kodama A, Ishihara T, Mizushima T, Mizushima N.  An Autophagic Flux Probe that Releases an Internal Control.  Mol Cell  2016  64:835-849  PubMed ID: 27818143

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ