検索画面
細胞材料開発室サイト

戻る 戻る
APS0003 : iPS-MEF-Fb/Ng-440A-3  update : 2018/07/31
細胞特性(Comment:英)Mouse iPS cell line established without retrovirus vector. It has no integration of exogene. Order Form ( C-0033, C-00034). Please see CiRA , Kyoto University if you are a researcher at a for-profit organization.
細胞特性(日)マウスiPS細胞。レトロウイルスベクターを使用せず、外来遺伝子の挿入がない細胞。営利機関は、 京都大学iPS細胞研究所から配布。
細胞特性(寄託者記述:英)
細胞特性(寄託者記述:日)
使用条件(カテゴリ)f
使用条件(英)1) The RECIPIENT belongs to a not-for-profit academic organization (i.e., a university or another institution of higher education or any nonprofit scientific or educational organization, including government agencies). 2) The RECIPIENT should read the GFP Transfer License contracted between the RIKEN BRC and GE Healthcare Bio-Sciences. 3) Attach TERMS and CONDITIONS to MTA (C-0034) .
使用条件(日)1) 利用者は学術機関に所属している者に限る。2) GE Healthcare Bio-Sciences社とBRCとのGFP Transfer License 締結 を確認の上、手続きを取ること。 3) 別紙1を提供同意書 (C-0028) に添付すること。
備考(英)
備考(日)
提供申込書類 依頼書C-0027.pdf   同意書C-0028.pdf  
提供同意書は、使用機関及び使用内容に応じて二種類あります。該当する提供同意書をご使用ください(詳細)。特許等の取得及び商業利用等は別途ご相談(cellbank.brc@riken.jp)を承ります。
提供手数料 手数料とお支払いについてはこちらをご覧ください。
寄託関連情報 ライセンス GFP
細胞基本情報 寄託者 http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/
樹立者 Yamanaka, Shinya
寄託日 2008
動物種 mouse < Mammals
性別 Female
embryo
採取組織 embryonic fibroblast
細胞分類 iPS
遺伝子改変 recombinant
外来遺伝子 Oct3/4, Sox2, Klf4, c-Myc, Fbx15βgeo/βgeo, Nanog-GFP-IRES-Puro
細胞寿命 infinite
細胞形態 ES-like
細胞培養・検査情報
寄託時情報
ロット情報
培地・試薬情報 培地・試薬一覧はこちらをご覧ください。
培養形態 Adherent cells
培地 DMEM (high glucose, without Sodium Pyruvate) + 15% FBS + 0.1mM NEAA + 0.1mM 2-Mercaptoethanol + 1000U/ml mouse LIF
抗生物質 Free
継代方法 0.25% trypsin + 0.02% EDTA
培養容器のコーティング 0.1% gelatin coated dish
播種細胞数 2 x 10^(6) cells/100 mm dish
継代・培地交換頻度 Subculture : once/2-3 days, Medium Renewal : every day
培養最適温度 37 ℃
二酸化炭素濃度 5 %
フィーダー細胞 SNL 76/7
フィーダー細胞の処理方法 X-rays 5000R (or MMC)
フィーダー細胞の播種数 1-2 x 10^(6) cells/100 mm dish
凍結培地 Medium + 10% DMSO
凍結方法 Slow freezing
マイコプラズマ (-)
動物種PCR OK
アイソザイム検査 LD, NP
画像情報
寄託時情報
ロット情報
文献情報 Reference(英) 1件
Reference(日) 0件
利用者成果(英) 4件
利用者成果(日) 0件

トップへページトップへ
Reference(英)
4558  Okita K, Nakagawa M, Hyenjong H, Ichisaka T, Yamanaka S.  Generation of mouse induced pluripotent stem cells without viral vectors.  Science  2008  322:949-953  PubMed ID: 18845712

トップへページトップへ
Reference(日)

トップへページトップへ
利用者成果(英)
9572  He P, Fu J, Wang DA.  Murine pluripotent stem cells derived scaffold-free cartilage grafts from a micro-cavitary hydrogel platform.  Acta Biomater  2016  35:87-97  PubMed ID: 26911880
9757  Higuchi S, Yoshina S, Mitani S.  Inhibition of the integrin signal constitutes a mouse iPS cell niche.  Dev. Growth Differ.  2016  58:586-99  PubMed ID: 27633818
9932  Fukunaga I, Fujimoto A, Hatakeyama K, Aoki T, Nishikawa A, Noda T, Minowa O, Kurebayashi N, Ikeda K, Kamiya K.  In Vitro Models of GJB2-Related Hearing Loss Recapitulate Ca2+ Transients via a Gap Junction Characteristic of Developing Cochlea.  Stem Cell Reports  2016  7:1023-1036  PubMed ID: 27840044
4405    Respective Effects of Gelatin-Coated Polydimethylsiloxane (PDMS) Substrates on Self-renewal and Cardiac Differentiation of Induced Pluripotent Stem Cells (iPSCs)  ACS Biomater. Sci. Eng  2018  4:4321-4330 

トップへページトップへ
利用者成果(日)



戻る 戻る 理研トップページへ